いびきを治すにはダイエットと禁酒 低い枕もGOOD

アメ−バ-ニユ−ス8月19日 16時20分より転載

「いびき」は、家族や友人からうるさいと言われる代名詞である。日本人の調査では、男性で20%、女性で5%ほどの人が毎日いびきをかくと報告されている。寝ている人も苦しそうだし、周りも一度、気になると眠れなくなる。ここでは、そのような方々のために、いびきの知識を深め、軽減する作戦をいくつか紹介する。

  いびきは鼻粘膜の振動音である。空気の通り道(気道)が狭くなり、そこに空気が通ると粘膜が振動し、いびきが発生する。主な原因は、肥満・アルコール・鼻づまりである。肥満では脂肪によって、アルコールでは粘膜の膨張によって、気管が圧迫される。また、子供はいびきをかかないが、歳をとると筋力が衰えて、いびきが起こりやすくなると言われている。

 というわけで、いびきを予防する最も手っ取り早い方法は、ダイエットと禁酒をすること。やはり生活習慣を改善するのが一番である。

 とりあえず今晩、一時的にでもいびきを止めたい場合には、眠るときの姿勢をいつもと変え、横向きに寝せるのがよい。いびきをかく人は、多くの場合、仰向けで気道が圧迫されているのである。

 また、枕を低くするという方法も有効である。気道が真っ直ぐになり空気の通りがよくなる。さらに、苦肉の策としては、下の顎にUの字にテープを巻き、口を塞ぐという作戦がある。直接口を塞ぐと窒息するので、絶対にやってはいけない。その他にも、花輪のような形をした市販のいびきストッパーも有効であるが、これを使用する場合には、テープなどでしっかり固定するなどして、寝ている間にとれないように工夫が必要である。

 これらの方法で改善されなかったり、無呼吸が続くようないびきは、いわゆる睡眠時無呼吸症候群の疑いがあるため、一度診てもらうことをすすめたい。
@ @
posted by 肩こり枕 、腰痛枕、抱き枕で at 09:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お小遣いあげるからメールしておいで(人・ω・)★ http://gffz.biz/index.html
Posted by ぷぅにゃん at 2011年11月18日 08:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52009935

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。